女の子を産み分け

MENU

はじめに

子供は女の子が欲しい!と望む方もいらっしゃると思います。
そのために遺伝子や排卵日についての説明や、女の子を産むためにどんなことをすればいいのか
成功率の高い産み分け方法を紹介していきます!

 

 

 

 

女の子の産み分けが人気な理由

女の子

どうしてみんな女の子がいいの?
という疑問を追求してみました!

 

現代の生活は昔のように家長制度がないので世継ぎのための男の子が必ずしも必要ではなくなり女の子を欲しがる夫婦が急増しているようです。

  • 結婚後も実家に帰ってくる
  • 生涯を通じて両親と深いつながりができる
  • 育てやすい

などが女の子を欲しがる理由として挙げられます。
男の子は大きくなるにつれて親離れをしてしまう子がほとんどだと思うのですが、女の子は一緒に買物に行くなど長期的に付き合いができている家族が多いように感じます。
女性がどんどん社会進出するにつれて女性の地位が上がってきたことも、より女の子を欲しがる理由かもしれません。

 

【女の子 産み分け】どうして男女が産み分けられるの?

なぜ産み分けをすることができるのか、疑問に思う方も多いと思います。
それでは最初に産み分けをするのに最も重要な遺伝子についての説明からしていきます!

 

 

X遺伝子とY遺伝子って?

妊婦さん

卵子はX遺伝子を持っていて、精子にはXY2種類の遺伝子があります。
XYどちらの精子が卵子にたどり着くかによって性別が決まるのです。

 

X遺伝子が卵子に受精した場合が女の子XX)
Y遺伝子が卵子に受精した場合がが男の子XY)
ということになります!

 

 

それぞれの遺伝子の特徴

 

女の子を作るX遺伝子
・スピードが遅いけれど寿命が2〜3日と長い
・酸性に強くアルカリ性に弱い

 

男の子を作るY遺伝子
・X遺伝子よりも数が多くスピードも早く活発的だけれど寿命が1日と短い
・酸性に弱くアルカリ性に強い

 

 

特徴を見る限りではY遺伝子の方が優れているので同じ条件で受胎を争うとしたらX遺伝子はかないません。
しかしそれぞれの遺伝子の特徴を利用して性行為をすれば産み分けをすることが可能なのです!

 

排卵日って?

 

妊娠する確率を上げるためには、妊娠の可能性が高くなる期間である排卵日を把握しておくことが大切です。
知識がない方は排卵日と生理が同じものだと思っていることが多いのですが、排卵日と生理は全く違う日に起こります。
自分の体の中で起きていることでも目に見えないのでわからないこともありますよね…
それでは排卵についての説明をしていきたいと思います。

 

 

 

子宮の左右に1つずつにあるうずらの卵ほどの大きさの臓器のことを卵巣といい、その中に卵子の素となる原子卵胞が500万個ほど詰まっています。
一定周期でホルモンが分泌され、この指令により20個ほどの卵胞が成長し始めて大きくなるのですが、1番大きくなった卵胞だけが卵子となり卵巣から飛び出します。
これを排卵というのです。卵巣から出れなかった他の卵胞は消滅してしまいます。

 

飛び出した卵子は子宮に向かってゆっくりと移動していくのですが16時間〜24時間しか生きていられず受精可能時間はそのうちの約12時間です。
その移動途中で精子に出会い受精をすると受精卵となって子宮内膜という赤ちゃんのベッドとなるものに着床し妊娠するのです。
精子に出会わなかった場合は卵子はそのまま体の外に出ていき大体14日前後で子宮内膜が剥がれます。
妊娠しない状態だと月1度の周期で子宮内膜が剥がれる現象、つまり生理が起こります。

 

 

そして抑えておきたいポイントなのですが
女性の膣内は普段は弱酸性ですが、排卵日だけアルカリ性に傾くのです。

 

排卵日はだいたい生理の2週間前に起こるのですが生理が安定していない方だと排卵日の特定は難しくなってきます。
しかし最近では生理予定日や排卵日を知らせてくれるアプリなどどもあるので、毎月の生理はしっかりチェックしておくようにしましょう。

 

【女の子 産み分け】女の子の産み分けはどうするの?

これまで遺伝子や排卵日の基本的な知識を身につけてもらったので、これから重要な産み分け方法について説明していきます!

 

悩む女性

女の子が欲しい人は膣内を酸性にする必要があるので排卵日の2日前に性行為をするのがベストです。
なぜかというと、X遺伝子の寿命が2、3日と長いためその時間的な余裕を利用するのです。
Y遺伝子がいなくなったところで受胎するという形に持って行くのです!
排卵2日前に性行為をすれば、排卵日に生き残っているのはX遺伝子のみとなるのでより女の子が産まれる確率も高まるわけです。
遺伝子の生存時間のタイムラグを利用して産み分けるのが最も有効でしょう。

 

ここで注意点があります!
濃厚な性行為をしてしまうと女性はアルカリ性の分泌物が出て膣内が中和されてしますので女の子になるX遺伝子が弱ってしまいます。
なので軽めの性行為をしてできるだけ膣の浅い位置で射精するということが大切です。

 

女性側は排卵日周期を計るために基礎体温をチェックしてしっかり排卵日を把握しておきましょう。
男性側は精子の濃度を薄めに保つために週に1度は射精して、前回射精した日付の3日後くらいに性行為に及びましょう。

 

(詳しくは産み分け女の子産み分け男の子絶対的コツラボ|排卵日の対策方法とコツを参考にしてください。)

 

 

終わりに

最後まで見てくれてありがとうございました!
ただ望んでいるだけよりも、紹介した方法を試していただいた方が女の子を産める確率は上がります!
女性の方は基礎体温を測ったりなど少し面倒くさいこともするようですが、日課にしてしまえば生活に支障が出るほど時間もかからないので諦めずに何事も挑戦してみることが大切です!

 

女の子の産み分けは色々と下準備もあって男の子の産み分けよりも多少難しいですが、それでも確率は半々なのであまり神経質に考えすぎないようにしましょう。
どうしても不安な方は産婦人科の先生と相談するのもいいですね。
女の子を希望していて男の子が生まれてしまった場合でも可愛い我が子なので愛情をもって育ててくださいね。