女の子を産み分け

MENU

【女の子 産み分け】女の子の産み分けで、間違ってもやってはいけないこと

産み分けの確実性を求める方で性別によって受け継がれてしまう先天性疾患がある人などは、産み分けの問題はより切実になってきます。
もちろん産まれてくる我が子に対しては平等に愛情をもっているものの、やはり生きて行く上でのハンディはなるべく減らしてあげたいというのも親心です。

 

着床前診断

アメリカの医者

すでにアメリカでは、着床前診断ということで希望する性別の受精卵を選ぶことができます。
希望の性別だった場合は調べてからまた子宮に戻すそうです。
ただしこの着床前診断は日本では重い遺伝病患者などに限定されており、一般にはまだ認められていないのが現状です。

 

一般の人がこの産み分け方法を選択するには、アメリカもしくは国の指針では認められていないがそれを用いても厳罰にはならないタイなどで処置を受けるしかありません。
ただ倫理的な面でまだ抵抗がある人も多いかと思います。
科学的な方法で産み分けを行う場合は性別産み分けは確実ですが、もし希望の性別ではなかった場合どうするかということをカップルで良く話しあっておく必要があるでしょう。

 

リンカル法はNG

赤ちゃん

自然の妊娠率でみると男の子105 女の子100という割合になっていて、若干男の子のほうが高い確率で産まれます。

 

その上排卵日・電磁波・染色体以外の方法ではリンカル法という方法を用いると男の子を産む確率がかなり高くなってしまいますので、女の子を産みたい場合には控えるべきです。

 

他にはパーコール法を用いて女の子になる確率を増やす方法もあります。
男性の精子を遠心分離機にかけると重い精子が底に沈むのですが、女の子になるX遺伝子のほうがY遺伝子より重いのでその性質を利用して女の子を出産する確率を増やします。

 

 

男の子に産まれる確率を減らす

男の子を産みたい場合の逆を行うことで、女の子を産む確率を増やすことができます。
自然に任せると若干男の子が産まれる確率が高くなるので、本気で女の子を望む場合はやはり専門医に相談するか海外での着床前診断を検討しても良いでしょう。