女の子を産み分け

MENU

【女の子 産み分け】女の子の産み分けに挑戦する人はどれくらいいるの?

産まれてくる子供の性別についてどちらかの性別を望むということは倫理的な問題もあってあまり口にしないカップルが多いとは思います。
しかし最近では女の子の人気が高まっているようです。

 

養子縁組をする場合も女の子の赤ちゃんを希望するご夫婦・カップルが多いとのことですから、やはり今の時代女の子のほうが望まれているのでしょう。
一般に女の子のほうが育てやすい、また将来大きくなっても色々と一緒に楽しめるということが理由なようです。

 

産み分け方法の確率は?

日本で認可されている方法では100パーセントの方法はありません。
どうしても女の子が欲しい場合は、ほぼ100パーセント産み分けできる着床前診断をアメリカやタイなどで行う必要があります。

 

日本でもパーコール法や排卵日出のコントロール、潤滑ゼリーを使うなどだいたい確率としては70パーセント程度の産み分けは可能になっています。
なるべくリスクが少なくなおかつ女の子が産まれるような方法を適時選んでいきましょう。

 

まずは妊娠しやすい体づくりが大事ですね。

 

実際にどれくらいの人が成功しているのか?

子を抱く母

専門医が科学的に立証した産み分け法を持ってしても、着床前診断以外ほぼ100パーセントの産み分けは不可能です。

 

最近の産み分け実施データでは
男の子を望んだ人で81パーセントから91パーセント
女の子を希望した人で70パーセントから80パーセント
と若干女の子の成功率のほうが低いようです。

 

そのため女の子のほうが自然妊娠でも多少産み分けを考慮したとしても確率が低くなる訳で、そうなるとますます女の子のほうが欲しくなるというジレンマがあるでしょう。
また産み分けを考えても男の子・女の子の兄弟姉妹ばかりが続いてしまうご家庭もありますから、やはりある程度は天まかせなのです。

 

望んでいた性別に産まれなくてもやはり自分の子供は可愛いものです。
そして現代では不妊が増えていますので妊娠のハードルが高くなっているのも事実です。

 

性別の垣根を越えて産まれてきた子供を迎えられる余裕がある方が産み分けも逆に上手くいくのかもしれません。